秋たんぼイラスト工房

 Fish illust studio

img20200414205003831483.jpg img20200414204954603205.jpg img20200414205004218432.jpg img20200414202848435180.jpg img20200414204929240702.jpg

魚への感動や特別な思いをイラストに

CONCEPT





追い求め、ようやく一尾の魚に出会った感動も、時間の経過とともに薄れていってしまうから、、


私は典型的な釣り少年であったため、放課後や学校が休みの日にはほとんど水辺にいて、釣り糸を垂らしていました。  目では見えない水中の世界を想像し、ターゲットを追い求めて川に湖に海にと自転車を漕ぎ回したものです。

あれ、この魚めっちゃ綺麗やん!

そして、歩いてアプローチできる釣り場にはほとんどトライし、たくさんの時間を釣りに使い、魚に出会うことで気付きました。
 
 「なんて美しい色と形をしているんだろう!」


例えば、
 
オイカワやタナゴのオスの婚姻色は虹色に輝いていたり、
アマゴの地域個体固有の特徴で、鰭に赤みがでたり、
シマヨシノボリのオスの腹部が、繁殖シーズンに信じられないくらい鮮やかなブルーに染まったり、
 
多彩で美しい色に溢れていたのです。

 
また、一緒に竿を振り回していた親友と分かち合った感動でもあったし、川や海といった自然に没入したことで見れた景色も相まって、今でも大切な思い出になっています。
 

自然に体当たりして出会った魚だからこそ、特別に感じた

私にとってその魚が特別美しく見えたのはただ体色が美しかったからではなく、
時間も効率も忘れて没頭していた釣りの結果ようやく釣れた魚だったから。


一方で、多くの人にとってはただの魚であり、水族館でキレイだね!って思っても、その後は忘れるようなものかもしれません。

とても個人的な理由ですが、その時の私にとってようやく手にした魚が宝物だったんだと思います。
全身で自然にぶつかって、考えて、行動して、何度も挑戦した結果、出会った魚だからこそ。魚に出会うまでのストーリーが感動を生んで、より美しく見せていたんだと思っています。


そんな大切な記憶ですが、社会人となって忙しい日々を過ごし、時間が経つうちに記憶も薄れ、思い出すこともなくなってきてしまいました。
 
魚を通じて感じた感動や、驚きを形にしたり、思い起こすきっかけがあれば、
純粋に好きなものに打ち込んでる気持ちや単純に幸せな気分を日常に散りばめられるのに、、。

そう思って、魚への特別な思いや感動を込めたイラストを制作しています。

 

最新作

NEW ART

イラストクリックで拡大します。

17.フライハンター

和名:ニジマス(虹鱒)
学名:Oncorhynchus mykiss

ニジマスが毛ばりに喰らい付いた瞬間をモチーフにしました。
名前の通り、体側にオレンジ色のラインが入るほか、エラ蓋などまさに虹を思わせる色彩をしています。海に降って再度川に遡上してきたものはスチールヘッドといい、海に降らないものはレインボートラウトと呼びます。
明治10年にカリフォルニア州から移植された外来魚であるが、今では各河川に自然定着しています。


ダウンロード

16.玲流の青にただずむ

和名:カジカ(鰍、杜父魚、鮖)
学名:Cottus pollux

水深の浅い砂礫底の川で、石の隙間から獲物を狙ってじっとしています。 大きさは8センチくらいで小魚の部類だけど、じっくりと模様を見てみると実に美しく、河川ごとに異なる模様が見られます。食味も素晴らしく、汁物、味噌汁・鍋料理や佃煮、甘露煮などにして食べられています。 同じカジカの名称でも、大卵型と中卵型、小卵型と生活史の異なる種類に分けられます。



ダウンロード

15.白磯の狩人

和名:ヒラスズキ(平鱸)
学名:Lateolabrax latus

サラシと呼ばれる磯場の波に巻かれた泡に潜むヒラスズキです。
スズキよりも体高があり、左右に平たいため命名されました。より波の強い場所で強靭な体躯を使って泳ぎます。スズキのように汽水域や淡水域には侵入しません。
味は非常に美味で、煮ても、汁にしても、焼いても、生で食べても美味しく、料理法を選ばないとされます。
豪快な引きから、釣り人の夢の一つに挙げられます。

ダウンロード

イラスト一覧

GALLERY

イラストクリックで拡大します。

14.背青の銀

和名:ギンザケ
学名:Oncorhynchus kisutsh

ダウンロード

13.黒曜の煌めき

和名:クロダイ
学名:Acanthopagrus schlegelii

ダウンロード

12.冬雷の故郷へ

和名:ハタハタ
学名:Arctoscopus japonicus

ダウンロード

11.鯉波

和名:コイ
学名:Cyprinus carpio

ダウンロード

10.泡山女魚

和名:ヤマメ
学名:Oncorhynchus masou

ダウンロード

09.五穀豊魚

和名:マダイ
学名:Pagrus major

ダウンロード

08.秋田県の魚

和名:ハタハタ
学名:Arctoscopus japonicus

ダウンロード

07.春の息吹

和名:アユ
学名:Plecoglossus altivelis

ダウンロード

06.冷たさに咲く

和名:アメマス(中央)
学名:Salvelinus leucomaenis leucomaenis

ダウンロード

05.桧木内の香魚

和名:アユ
学名:Plecoglossus altivelis

ダウンロード

04.旅の終わり

和名:サケ
学名:Oncorhynchus keta

ダウンロード

03.祭宴

ダウンロード

02.なんか思いついた

和名:ビワコオオナマズ
学名:Silurus biwaensis

ダウンロード

01.上にジャンプ

和名:ムツゴロウ
学名:Boleophthalmus pectinirostris

ダウンロード

描き手

PROFILE

向田 祐樹 (むこうだ ゆうき)

ペンネーム:秋たんぼ

1984年2月生まれ、兵庫県出身、秋田県在住


初めてタイリクバラタナゴを水槽で飼った時、虹色に輝く魚体に小学生ながら感動していました。
それ以来、川に出かけては弓網を片手に、海ではおじいちゃんにもらった竿を持って、新たな魚との出会いに胸を躍らせて放課後を過ごしました。

魚好きはずっと変わらず、卒業論文では「男鹿半島小河川における魚類の生息実態」と題して魚三昧の日々を送りました。年間を通じて季節ごとに多彩な魚に出会い、網の中には宝石箱のような感動を見つけていました。

魚類の研究に携わったことと、物心つく頃から絵を描いていた経験を活かして魚に特化したイラスト制作を行っています。

 

秋たんぼ ブログ

BLOG

魚に関するあれやこれや。 アクアリウムも長く楽しんでいるため、徒然更新しています。

[%new:new%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%category%]